ラクトフェリンサプリの比較サイト

内臓脂肪が蓄積さしてしまっている症状というのは、30代後半から40代頃に主に見られる特徴があり、簡単に言えば中年太りが目立っている体型のことを言います。

 

中年太りに代表されるように内臓脂肪として蓄積されていく経過としては、普段の食事から摂取をしている栄養分であるブドウ糖などの糖質が主な原因です。

 

30代に差し掛かる年齢になると基礎代謝が低下しますので、消費し切れない過剰分がどうしても発生してしまいます。

 

この余剰エネルギーは血液の働きにより運ばれていき、その運んでいる段階で中性脂肪へと姿を変えます。
これはつまり過剰な栄養を摂取するということはそのまま脂肪細胞を招き、内臓周辺に蓄積されていくということです。

 

これについては、食事の栄養成分を消化器官よりも吸収させてしまう機能が高いということからも、内臓の中でも特に小腸の周辺に多くの脂肪がついてしまうそうです。

 

ラクトフェリンの場合、多機能タンパク質ですので、過剰に生成されたエネルギーが脂肪細胞へと合成されてしまう働きを抑制する効果があります。

 

さらにラクトフェリンは、内臓脂肪となり蓄積されるのを抑制するだけではなく、元々蓄積されてしまっている脂肪も一緒に分解させる相乗効果があることから、ラクトフェリンを摂取することによって内臓脂肪を取り除くことが出来るのです。

 

内臓脂肪率が低くなればダイエットだけではなく健康維持にも繋がることから、ラクトフェリンはまさに奇跡のサプリメントと言っても過言ではありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ